ブログ作成探偵事務局

ブログ作成や運営に関する情報を解説・提供しているブログです。

記事作成

更新頻度について考える(その2)

長らく更新をサボっていた管理人が何を言う、といったタイトルですがお気になさらず。


前回更新頻度について考えるにて記事の更新頻度は特に考えず

自由につっぱしって良いという結論に至ったわけですが、

それはあくまで机上の空論でしかありません。


今回は実例(主に管理人の)を交えて更新頻度について考察していきたいと思います。


好きなときにガンガン更新する

大いに結構ですよ?

更新頻度がバラバラでも基本的に文句を言われる筋合いはないでしょう。


しかしですね経験から申しますとこの場合

始めてから数日は一日数記事書いても止まらず

記事数が二桁なんてこともザラですが一週間も経たないうちに飽きます。


ぶっちゃけてしまいましょう、ブログを書くのには結構労力が要りますし面倒くさい


特に管理人のように解説系のブログは下調べも

しっかりしなければならなかったりするので余計に辛いのです。


始めた頃はアドレナリンが一杯で何記事でも書けそうですが倦怠期はすぐ訪れます。

気づけば10分もかからないような記事さえ書く気が起こらなくなります。


管理人はこの感覚が勉強に似ている気がしてならないのですよ、

さぁ勉強するぞ、と決めたときはやる気に満ちていますが数時間後には「勉強したくねぇ」ですよ。


これらのことからブログを始めたばかりの頃、

やる気一杯で何記事も書いてしまいそうなところを一日一記事と定めたほうが良いかも知れません。


記事を下書きとしてストックしておくのも良いですね。

記事を投稿してみよう!(livedoor Blog)

livedoor blogの記事作成画面の説明です。

e4c8524a.png

・カテゴリを二つまで指定できます
・続きを書くタブから続きを書く形式にできます
・タグを設定できます
・公開設定ができます
・コメント・トラックバックの拒否設定ができます
・HTMLでの記事編集ができます。


41b7430c.png入力した情報を元に戻したりやり直したりできます。
b488a444.png文字サイズを変更できます。

988b14df.png文字色を変更することができます。

a833c6c3.png文字の背景色を変更できます。

10e7f777.png文字を太字にできます。

2e04c82b.png文字を斜体にできます。

8dc9f749.png文字に下線をいれることができます。

ad3e24db.png文字に打ち消し腺をいれることができます。

149a69ca.png書式を元に戻します。(変更した箇所を元に戻す)

95588ff6.pngウェブページへのリンクを挿入できます。

62fe16a9.png本文を左寄せにできます。

d15f7de0.png本文を中央寄せにできます。

881ccbd6.png本文を両端寄せにできます。

bb898fb6.png箇条書きで入力します

b8b59bc0.png段落番号が挿入されて入力できます。

fecfa16f.png文を引用します。

372a6767.png本文に画像を挿入できます。

54e08f87.pnglivedoor picsの画像を挿入できます。

417196ab.pngflickerの画像を挿入できます。

7e6b636a.pnginstagramの画像を挿入できます。

5d358c22.png絵文字を挿入できます。

f06198e2.pngえもじメーカーの絵文字を挿入できます。

52e8851c.png顔文字を挿入できます。

fcdb3217.pngお絵かきツールを開き描いた絵を挿入できます。

ad6d430a.pngnaverまとめを挿入できます。

8e5d6ba6.pngyoutubeの動画を挿入できます。

cd37bafe.pngニコニコ動画を挿入できます。

07dca92c.pngツイートを本文に挿入できます。

38af9ce6.pngamazonの商品リンクを挿入できます。

4b9ce47c.pngレストラン情報を挿入できます。

dfda1ab4.png楽天の商品リンクを挿入できます。

ada10cbe.pngブログで設定した定型文を挿入できます。

f9e90eac.pngEvernoteのノートを本文に挿入できます。

69b7061b.pngロケタッチのタッチを本文に挿入できます。

更新頻度について考える

ブログを運営していくとき、更新頻度という物は中々重要なポイントです、
そんな更新頻度について今回は考えてみましょう。

ベストな更新量
これはブログのコンテンツやテーマに大きく左右されるのではないでしょうか、
例えば日記であれば1~2日に一回ぐらいは新しい記事を投稿すると良いです。
しかし、あくまで目安ですので一週間に一度まとめて長い記事を作ったりTwitterのツイートのように
短い記事をいくつか投稿しているブログもあります。

アクセスアップに記事の投稿は最適
今では様々なアクセスアップの方法が確立されてきましたが
やはり記事の投稿が最も重要なアクセスアップ方法なのではないでしょうか。

具体的には更新することでpingを送信したりブログランキングなどの新着記事に載ります。

更新できる余裕が無い
例えば特に理由があるわけでもないが更新したくない、
個人的な用事でブログの更新に時間を割けない。
このような事態がブログを運営していると必ずといって良いほど起こります、
こんなときはどうすればいいか?
簡単です、更新を止めてしまいましょう。

基本的にブログとは自己満足の塊です(一部を除いて)
無理やり更新してもただ苦痛なだけでしょう、それでは良い記事も書けません。

読者になってくれている方には悪いかもしれませんが一時更新を休止するのも良いかもしれません、
また記事などでお知らせしておくと良いです。

更新はしたいけど時間が無い場合
例えば週末に一気に更新するなど時間をうまく使うといいでしょう、
また最近はスマートフォンやタブレットなど、出先でのインターネット環境が増えているので
休憩中や帰宅時などに(電車やバス内で)更新するのも良いでしょう。

HTMLを使って画像を横並びにする

ブログの編集画面には画像を簡単に設置できる機能がありますが
横並びにはできません。
HTMLを使用して画像を横並びにする方法を解説します。

HTMLを使用して画像を横並びにする

<table>
<tr>
<td><img src="http://~"></td>
<td><img src="http://~"></td>
</tr>
</table>

こちらのHTMLを記事の編集画面に入力してください、
http://~の部分には画像のURLが入ります。

また高さや横の大きさもHTMLで指定できます。

トラックバック先URL:
http://midesu.blog95.fc2.com/blog-entry-44.html
http://rgrg.blog61.fc2.com/blog-entry-27.html


記事を投稿してみよう!(Amebaブログ)

記事を投稿する
まずはマイページの新しく記事を書くから記事の編集画面に移ります。

e0d4cf11.png

6253a27a.png文字サイズを数字を指定して変更ができます。

5cb28217.png文字色をパレットのものに変更します

d60b6746.pngパレットの文字色を変更します

d18cca4a.png文字を太字にします

f73b3cfd.png文字を斜体にします

13ab25df.png文字に下線を入れます

a30647e1.png文字に打ち消し腺をいれます

492ebbd4.pngウェブページへのリンクが貼れます

4d9081fb.png画像をアップロードして貼れます

cb6bfd94.png顔文字を入力できます

0b5f7567.png絵文字が使用できます

91c9ed81.png絵文字を入力できます

1605c6a0.pngAmebaVisionの動画を貼れます

695f257a.pngAmebaパコのイラストを貼れます

9a15f873.pngおねえだりボタンを追加します

bb9a4b7b.pngマジカルメーカーで作成したアイテムを貼れます

エディタ
タグ編集エディタに切り替えることでHTMLを使用できます。

記事の設定
コメント拒否やトラックバック禁止の設定を編集画面の下のチェックボックスから行えます。
また下書き、公開(アメンバーのみ)、公開の設定ができます。

他サービスとの連携
投稿をFacebookとTwitterから通知できます、
ただし記事投稿日を記事作成日より先に設定した場合通知できません。

予約投稿を使ってみよう(FC2ブログ)

予約投稿について
予約投稿とは予め記事を作成しておき指定した時間に
投稿してくれる機能です、ぜひ使い方を覚え活用しましょう。

予約投稿の方法
まずは普通に記事の作成画面に入ります。
このとき投稿画面の上にある簡易モード:をoffにしておきます。

記事が完成したら編集画面の下にある記事の設定を開きます。
3a914177.png
まず日時設定に予約投稿したい時間を入力します、
次に投稿区分の予約投稿にチェックをいれ記事を保存してください。

これで予約した時間に記事が表示されます。

予約投稿の活用と注意点
予約投稿を使うことで更新できない日の埋め合わせや
特定の時間に投稿することができます、
また少し工夫するとTOPとしても使えます。
詳しくはTOP作成(最新記事を使用)を参考に。

※RSSでは予約投稿で指定した予約時間に関係なく記事を取得し
 投稿時間に表示されてしまうので注意してください。

記事を投稿してみよう!(yahooブログ)

今回はyahooブログの新規投稿画面の使い方について解説します。


記事を投稿する(yahooブログ)
まずはブログトップなどから新規投稿をクリックします。
するとこのような画面が出ます、これが記事を編集する画面です。
ce7477fb.png

ef510078.png 斜体・下線・取り消し腺の設定ができます。

5327545c.png ウェブ上の画像を貼り付けれます、URLは画像のものを指定してください。

cebcda1e.png ウェブサイトへのリンクが貼れます、貼りたいURLを入力しましょう。

149e2c57.png 太字の設定ができます。

731bad66.png アイコンを押すとカラーパレットが出るので変更したい色を選択してください。

48086179.png 文字の大きさを変更できます。

8c21d0a6.png 自分のPC等から画像をアップロードして張り付けることができます、
       ファイルの追加から貼りたい画像を選択してください。


73fec039.png 動画ファイルを埋め込めます、詳しはこちらを参考にしてください。

ee96aaa3.png 本文や画像の位置を揃えることができます。

607ce03b.png 横線を入れることができます。

af443ccf.png 見出しや引用を設定します。

31a62d8a.png 文字の背景色を変更できます、文字色変更と同じ手順です。

e2870014.png 携帯電話で使用できる絵文字を載せることができます、
          アイコンをクリックすると絵文字が出てくるので
          好きなキャリアの物を選んで貼り付けましょう。


89a978c4.png 選択部分の文字を元の状態に戻します。

記事に動画を載せよう!(yahooブログ)

ほとんどのブログサービスは記事投稿の際
動画ファイルを貼り付けることができます。

yahooブログの記事にyoutubeの動画を貼り付ける

まずは記事投稿から新規記事作成のページへいきます。
0f3dc6be.png


かんたんモードでの編集であればまず上の赤で囲んであるアイコンをクリック。

d4b41ac6.png

このような画面がでるので

動画のURL:貼り付けたい動画のページのURL
配置:お好みで
表示サイズ:お好みで(横320×縦240がオススメです)

↑のように各項目を入力しOKを押してください。
あとは記事を投稿すれば動画が貼り付けられているはずです。


wiki文法で動画を貼り付ける場合
wiki文法で動画を貼り付ける場合は以下のwiki文法を使用します。

[[embed(http://www.youtube.com/~,0,横,縦)]]

http://www.youtube.com/~には埋め込みコードの一部が入ります。

URLを入手するにはまず動画下の共有ボタンをクリック。
d28ffbe9.png

上のような画面が出るので□以前の埋め込みコードを使用するにチェックを入れます。
次に赤線が引かれている部分をコピーします。
これが埋め込みコードなので先ほどのwiki文法に入力します。
あとは決定から記事を保存してください。

以下は実際に貼り付けた例です。
動画貼り付けテスト
動画貼り付けテスト(wiki文法)

トラックバック先URL:http://blogs.yahoo.co.jp/hnyqs249/56786119.html


他のブログにコメントしてみよう!

コメントとはブログの記事に対して
返事(レスポンス)をすることを指します。

コメントをする方法
方法はいたって簡単でブログの記事下に表示されているコメント欄に記入し投稿するだけです。

67fdef92.png

題名  :コメントのタイトルを入力してください。
名前  :投稿者の名前を入力してください。
URL   :サイトのリンクを入力できます、自分のサイトを載せておくといいです。
コメント:記事に対するコメントを入力します。

他にもオプションでパスワード(投稿後に再編集ができるようになる)や
管理人にのみ見えるようにコメントすることもできます。


コメントについて
コメントとはブログの強みの一つです、
これにより管理人さんとより手軽に交流できます。
またコメントで管理人さんと面識があると
相互リンクなども結んでくれる確立は高くなる上お互いに情報を共有しあうなど
管理人同士の交流も手助けしてくれます。

それと自分のブログにコメントが来たらただ目を通すだけでなく
そのコメントに対してコメントを返してあげるといいです。
そうすることで訪問者の方が再び自分のブログに来てくれたりします。

悪質なコメントについて
コメントの中にはスパムや自分のブログの宣伝のためだけにコメントを残していく人もいます、
管理人側としては大変迷惑な行為でありマナーにも反します。
無差別に宣伝をする行為はしないよう心がけてください。


トラックバック先URL:http://ebn.livedoor.biz/archives/8313513.html

トラックバックを使ってみよう!

今回はブログ独自の機能、トラックバックについて解説します。


トラックバックについて
他のブログの記事に対してトラックバックを行うことで
その記事に自分の記事のリンクを乗せることができます。
それにより被リンクを増やし自分のブログのサイトランクをあげたり、
トラックバック先の記事から自分のブログへ誘導するような役割もできます。

トラックバックの役割
トラックバックすることで記事を共有したり、管理人同士で交流できたりします。
なのでトラックバック先の記事と関連性のある記事を書くことが望ましいです、
また最低限のマナーとしてトラックバック先のURLを載せておきます。
これをしないと一方的にリンクさせる形になってしまうので注意が必要です。

トラックバックの使い方
まずはトラックバックしたいブログの記事を見つけます。
その記事の下にトラックバックURLが記載されていますのでそれをコピーします。

次に自分のブログで新しく記事を書きます。
どこかにトラックバック(サービスによって多少名称は異なる)という欄があるので
そこに先ほどコピーしたURLを貼り付け、
あとは通常通り記事を書いて投稿すればトラックバックされます。

トラックバックとスパムについて
トラックバックは簡単に被リンクを増やせる魅力的な機能ですが
これを悪用し全く関連性のない記事にトラックバックしていくスパムがあります。
このような行為はマナー違反です、くれぐれもしないようにしてください。

トラックバック先URL:
http://rgrg.blog61.fc2.com/blog-entry-145.html
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ